Slider 01

スプレッドと使い勝手

rwere
FXをいざ始めようと思っても、どのFX会社を選んだら良いのかわからない人が多いと思います。そういうときには手数料を参考に選択すると決めやすいです。FXというのは他の金融商品に比べて、手数料が大変安く設定されています。基本的には口座維持費・売買手数料・スプレッドといったものがあります。現在ではどのFXを会社を選んでも口座維持費は無料であったり、売買手数料も無料というところが多いです。

ということは、問題は「スプレッド」ということになります。24オプションではそういう指標はないのですが、FX会社は各社とも、このスプレッドで差別化をしているので、FX会社を見るときにはスプレッドを参考にすることです。

スプレッドというのは、売値と買値に1~2銭程度の価格差が発生しているといった状態のことですが、この差額がFX会社の手数料として発生しているということなのです。価格差が発生した段階で会社は手数料を受け取っていますので、株と違い、取引手数料は無料だが、スプレッドが代替になっているということが言えると思います。

もちろん、このスプレッド(価格差)が大きいとトレーダーは損をします。価格差が大きければ、その差額がFX会社の手数料になるからです。なので、FX会社を選ぶときにはこのスプレッドが小さい(狭い)会社を選ぶことがFXを始める第一歩になるでしょう。ポイントとしては、インターフェースで選ぶということです。スプレッドがいくら小さくても、ユーザーインターフェースの使い勝手が悪ければ、画面が見難い上に、取引が思うように行かないといったことも発生してきてしまうでしょう。

引用: テクニカル分析.com

FX会社の公式ホームページが見やすく綺麗な場合、その会社が提供している取引ツールも綺麗なケースが多いのですが、全部の会社がそうだというわけでもありませんので、デモトレードをしてみることをおすすめします。

デモトレードを提供している会社は限られていますが、バーチャルトレードという名称のコンテストが開催されるほど人気があるのも事実です。とにかくまず最初は本格的なトレードを始める前にデモトレードを行ってみてください。そうすることで画面の使い勝手が良いかどうかが判断できます。もし選んだ会社の手数料が他に比べて安ければ最初から本格的にトレードを開始するのもひとつの手です。

現在のFX会社はどの会社も口座の開設費用や維持費用が無料なので、私は複数口座を開設し、その情報の質やインターフェースの使い勝手などを吟味し、各社比較してから少額トレードを実際に開始しました。この手法は最初のうちは損をしますが、どのみち、本物のお金を使ってみたほうが集中力はデモトレードの比ではありません。

実際のお金を使って勉強しているんだという意識や集中力がつけば、専門用語を覚えるのも速くなりますし、実践感覚が人より早く身につくことは間違いありません。


MT4はここ!


werewrXEMarkets(XEマーケット)は、充実したサービスや高い約定力で人気だったTradingPoint(トレーディングポイント)が、2011年にサービスをさらに充実させてリニューアルしたFXにブローカーです。ほぼ100%の約定力を誇り、レバレッジは最大で888倍もの高レバレッジを設定できます。XEマーケットは本拠地であるキプロスの証券取引委員会の認可を受け、EUの規制に則って運営されていますので、顧客資産の信託保全もされています。業者の安全性と信頼性については問題ないと言えるでしょう。

XEマーケットではMT4を始めとした全部で7種類の取引プラットフォームを利用できるようになっていますが、これらの全てを同一のアカウントで運用できるようになったのは、XEマーケットになってからの大きな変更点です。
rwerewiFOREXの特徴のひとつとして、業界最低水準のスプレッドが挙げられますが、さらに重要な特徴として、最高400倍の倍率(レバレッジ)が挙げられます。この高い水準ゆえに多くのデイトレーダーの方にも満足いただいております。また、よりハイリターンな取引をしたいトレーダーの方におすすめの、南アフリカランドの扱いもありますので、取引の幅広さには定評があります。

さらに便利な特徴として、入出金の方法にクレジットカードを選択することができます。入出金にクレジットカードを使うことのメリットは、入金がすぐに口座へ反映されること、また、入出金の手数料は無しという点が挙げられ出ます。さらに、支払い時にクレジットカードのポイントも一緒に貯めることができるという点も忘れてはならないお得なところです。
twerePepperstoneの最大の特徴は、世界中のForex業界の中でも最狭水準のスプレッドを提供していることにあります。スタンダードアカウントの場合では米ドル/円なら1.0pips~1.7pips、ユーロ/米ドルで0.5pips~1.8pips、英ポンド/米ドルで1.0pips~2.2pipsとこれでも狭いのですが、RAZORアカウントならさらに、米ドル/日本円で0.1pips~1.2pips、ユーロ/米ドルで0.1pips~1.0pips、英ポンド/米ドルで0.1pips~1.1pipsと狭いスプレッドを提供している日本国内の業者以上の低スプレッドを用意しています。

Pepperstoneは、変動スプレッドではありますが、市場の動きが鈍い時間帯や逆に重要な経済指数が発表されて、取引が集中するような時でも、スプレッドが安定しているのが特徴です。
ururキプロス証券取引委員会(CySEC)より認められた金融先物取引業者「FxNet」は、世界各地の投資家向けに、誠実な顧客サービスはもちろんのこと、「シンプルでスリルがあって、なおかつ安全」というプラットフォームを提供するため、日夜努力しています。FxNetは、1つの口座で複数のプラットフォームにアクセスできます。ダウンロードする必要もありませんから、すぐに取引が開始できます。

FxNetでは、数多の賞を受賞し業界内で最も評価の高い「MT4トレーダー」、さらには、最も効率良く取引できる「Webtrader」という2種類のプラットフォームを提供しています(MT4のプラットフォームには、トレーダーのニーズに応じた数々のアプリケーションが用意されています)。



スキャルピング


FXの取引を始めて4年程たちますが、主にスキャルピングで取引をしています。

最初の頃は、ポジションを持ってからマイナス方向に動いても含み損を抱えたまま持ち続けていましたが、そのような取引をしていたら、何度かロスカットになってしまいました。

ロスカットされた時は、大きな金額を失ってしまったのでショックでした。

それから短時間で決済をするスキャルピングのスタイルに取引方法を変えました。

スキャルピングの場合は、損失も限られた金額なので大きな損失を出さなくてすむ所がいいと思います。