Slider 01

勝率より大切な事

qerwer
売ることを躊躇しないということは、ハイローオーストラリアであるような短期的なトレードをすることになります。しかしそれは、なんでもかんでも売ってしまえという意味ではありません。大切なことは、冷静さを失わないことなのです。しかし取引中に常に冷静になれというのは、難しいことです。どんなに自分は冷静だと思っている人でも、気が付かないうちに冷静さを失います。それを避けるにはどうすれば良いのかというと、取引中に重要な判断をしなければ良いのです。ではいつ判断するのかというと、それは取引を始める前です。予め利食いのポイントと、損切りのポイントと決めておき、そのポイントに達したら、機械的に売買してしまうのです。

トレードをしている人の中には、勝率は5割を超えているのに、利益は出せずに損失となっている人がいます。こういう人たちは、負けを認めたくないために、1回1回の取引結果にこだわり過ぎているのです。利益を考えずに勝率を高くするには、どうすれば良いのでしょうか。為替相場は上下を短期的にも、中長期的にも上下を繰り返しますから、予想と違う動きをして含み損が出ている時には、売らずに利益が出るまで持ち続ければ良いのです。そしてそういう人が損切りをするのは、損失が大きくなって、どうしようも無くなった時です。

またそういう人は、利益が出ている時も、良いタイミングで売ることができません。したがって利益は小さく、損失が大きくなるので、勝率は高くても損失のほうが大きくなってしまうのです。

それを避けるためには、どうすれば良いのでしょうか。

それは繰り返しになりますが、買うタイミングの時に、売るタイミングを考えておくことです。それは言うほど難しくありません。誰でも無意識のうちにやっていることです。極端な例を挙げれば、100円で買う時に、200円になることを狙って買う人はいません。102円なのか103円なのか101円なのか分かりませんが、無意識のうちにこれくらいになるだろうと考えていると思いますので、そのとおりにすれば良いのです。それには、IFDやOCO注文を利用するのがとても有効になります。

また買いのタイミングを間違えて、高値づかみをしてしまう人がいます。これの大きな原因も冷静ではないことです。予想した方向と逆に動くケースが多い人は、根拠もなく、なんとなく自分が買いたいと思ったタイミングで買っています。勘だけに頼ったトレードでは、決して利益は生まれません。結果として間違えていても良いので、必ず自分の中で理由や根拠をもった取引を心がけましょう。



MT4はここ!


werewrXEMarkets(XEマーケット)は、充実したサービスや高い約定力で人気だったTradingPoint(トレーディングポイント)が、2011年にサービスをさらに充実させてリニューアルしたFXにブローカーです。ほぼ100%の約定力を誇り、レバレッジは最大で888倍もの高レバレッジを設定できます。XEマーケットは本拠地であるキプロスの証券取引委員会の認可を受け、EUの規制に則って運営されていますので、顧客資産の信託保全もされています。業者の安全性と信頼性については問題ないと言えるでしょう。

XEマーケットではMT4を始めとした全部で7種類の取引プラットフォームを利用できるようになっていますが、これらの全てを同一のアカウントで運用できるようになったのは、XEマーケットになってからの大きな変更点です。
rwerewiFOREXの特徴のひとつとして、業界最低水準のスプレッドが挙げられますが、さらに重要な特徴として、最高400倍の倍率(レバレッジ)が挙げられます。この高い水準ゆえに多くのデイトレーダーの方にも満足いただいております。また、よりハイリターンな取引をしたいトレーダーの方におすすめの、南アフリカランドの扱いもありますので、取引の幅広さには定評があります。

さらに便利な特徴として、入出金の方法にクレジットカードを選択することができます。入出金にクレジットカードを使うことのメリットは、入金がすぐに口座へ反映されること、また、入出金の手数料は無しという点が挙げられ出ます。さらに、支払い時にクレジットカードのポイントも一緒に貯めることができるという点も忘れてはならないお得なところです。
twerePepperstoneの最大の特徴は、世界中のForex業界の中でも最狭水準のスプレッドを提供していることにあります。スタンダードアカウントの場合では米ドル/円なら1.0pips~1.7pips、ユーロ/米ドルで0.5pips~1.8pips、英ポンド/米ドルで1.0pips~2.2pipsとこれでも狭いのですが、RAZORアカウントならさらに、米ドル/日本円で0.1pips~1.2pips、ユーロ/米ドルで0.1pips~1.0pips、英ポンド/米ドルで0.1pips~1.1pipsと狭いスプレッドを提供している日本国内の業者以上の低スプレッドを用意しています。

Pepperstoneは、変動スプレッドではありますが、市場の動きが鈍い時間帯や逆に重要な経済指数が発表されて、取引が集中するような時でも、スプレッドが安定しているのが特徴です。
ururキプロス証券取引委員会(CySEC)より認められた金融先物取引業者「FxNet」は、世界各地の投資家向けに、誠実な顧客サービスはもちろんのこと、「シンプルでスリルがあって、なおかつ安全」というプラットフォームを提供するため、日夜努力しています。FxNetは、1つの口座で複数のプラットフォームにアクセスできます。ダウンロードする必要もありませんから、すぐに取引が開始できます。

FxNetでは、数多の賞を受賞し業界内で最も評価の高い「MT4トレーダー」、さらには、最も効率良く取引できる「Webtrader」という2種類のプラットフォームを提供しています(MT4のプラットフォームには、トレーダーのニーズに応じた数々のアプリケーションが用意されています)。



スキャルピング


FXの取引を始めて4年程たちますが、主にスキャルピングで取引をしています。

最初の頃は、ポジションを持ってからマイナス方向に動いても含み損を抱えたまま持ち続けていましたが、そのような取引をしていたら、何度かロスカットになってしまいました。

ロスカットされた時は、大きな金額を失ってしまったのでショックでした。

それから短時間で決済をするスキャルピングのスタイルに取引方法を変えました。

スキャルピングの場合は、損失も限られた金額なので大きな損失を出さなくてすむ所がいいと思います。